2016年

12月

20日

JR東日本・JR九州で「蓄電池電車」の導入が進む

電化区間でも非電化区間でも走れる「蓄電池電車」がJR東日本とJR九州で導入されています。

詳しくはこちら→ 乗りものニュース 2016年12月18日報道

この技術をLRTに応用すると、列車の運行頻度が高い市街地の区間は電化して、市街地ほど運行頻度が高くない郊外の区間は電化せず、両方の区間を直通する列車には蓄電池電車を用いる、という運用が可能になります。
また、電化するLRTから既存の非電化路線に乗り入れる場合にも、この蓄電池電車の技術が応用できます。